「早月蛇腹婦人部演奏会」

2018.05.10(木)

OPEN / START
19:00 / 19:30
前売り / 当日
¥3000 / ¥3500 1order¥600別

こでまり(黒色すみれ ゆかsolo)/ゴトウイズミ/チエルーム

公演は終了しました

*ご予約は、お電話【082-295-1553】か、メール【organzainfo@gmail.com】にてお願いします。その際、お名前と人数、お電話番号をおねがいします。メールでご予約のお客様は「受信拒否設定」をご確認ください。

・こでまり
2004年よりネオクラシックデュオ「黒色すみれ」のヴォーカルとして東京を中心に活躍中。
ユニットが結成10周年の節目に2016年より自身のsolo企画として「こでまり」を開始。クラシックの声楽を基礎とした歌声を武器に、ピアノとアコーディオンの弾き語りで独特の世界を作る個性派シンガー。

・ゴトウイズミ
http://gotoizumi.net/
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語りと、シアトリカルを中心としたバーレスクパフォーマー。アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動。全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC 業、CMのナレーション、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、映画制作などを展開しながら広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「十日市アパート」を主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。

・チエルーム
http://chieroom.com/
2007年クロマチックアコーディオンと出会いソロ弾き語りを開始。フェイターン(vo,テルミン)とのユニット「沼娘(ぬまっこ)」や日比谷カタン(vo,g)とのユニット「チエカタン」でも活動中。根っからのミーハー+妄想癖が機能した声色・感情の多様性。ポップス・歌謡曲をベーシックにしながらも変拍子がさりげなく挿入されるトラッドなメロディとリズム。
平安女流文学の影響を多大に受けたその歌詞への拘りと美意識は、現在展開中の「劇場型チエルーム」と銘打った一人芝居と唄のライブに繋がっている。